Amazon.comを使った輸入ビジネスのリサーチ方法

投稿者: おると

こんにちは、おるとです。

これまでの記事で商品を新規出品(新規商品登録)することが重要だと書いてきました。

はじめのうちは新規出品って難しいなと思われるかもしれません。
でもある程度頑張って新規出品を続けているとだんだん慣れてきますので
なんとかそこまで新規出品を続けてみてください。

僕はずっと続けた結果、かなり慣れてしまったので今は新規出品のほうが楽です。
むしろ相乗り出品いやだなって思っちゃいます。
初心者のころ価格競争の波に巻き込まれた思い出があるので(笑)

ライバルセラーとの価格競争がいやだなと思われる方には新規出品をとてもおすすめします。
誰も出品していない商品を一人でどんどん売っていくって気持ちいいものですよ。



さて、それでは本題に入りますが今回はそんな新規出品できるような商品をAmazon.comで探すにはどうしたらいいか、方法を3つほど紹介したいと思います。どれも簡単な方法なのでもし知らなかった場合は是非試してみてください。

 

1.メーカーごとに新発売順(人気順)に並べて探す

まず1つ目ですが、日本のアマゾンで売れているメーカーをAmazon.comで検索し、
その結果を並び替えて探す方法になります。

手順は以下の通りです。

 
  1. 日本のアマゾンで売れている商品を探す(“輸入”などで検索orセラーリサーチ)
  2. 売れている商品のメーカー名でAmazon.comを検索し新発売順(人気度順)に並び替える
  3. 新発売順(人気順)に並び替えられた検索結果の商品の中でまだ日本のアマゾンにない商品をピックアップする
 

実際に例を見せながらのほうが分かりやすいと思いますので
今回は「Turtle Beach」というメーカーの商品を例にしながら商品を探してみます。

起点となるタートルビーチの商品
まず、”輸入”などのキーワードでリサーチしたりセラーリサーチをして上記商品を見つけたとします。
1ヶ月に10個以上売れていますのでまずまず売れていると言えます。
(*商品タイトルにちゃんと並行輸入品とつけたほうがいいです)

次にAmazon.comでメーカー名を入力します。「Turtle Beach」と入力し検索すると
検索結果が表示されますのでカテゴリを選択します。

Amazon.comでの検索結果のカテゴリ選択画面
一番上に表示されるカテゴリにそのメーカーの商品が出品されていることが多いのでそのカテゴリを選択してください。

ソートのプルダウンリスト
そしてカテゴリの選択が終わると、右上にどういう順番にソートするかという
プルダウンリストが表示されますので「Release Date(発売日)」を選択します。
(*カテゴリによってはRelease Dateでソートできないカテゴリもあります)

すると発売日順に並び替えられた結果が表示されるので
上から順に日本のアマゾンにある商品かない商品か比較チェックしていき、
日本のアマゾンにない商品であれば新規商品登録をする形になります。

Amazon.comで新商品順で並べた結果
今回の場合ですと早速Star Wars X-Wing Pilotモデルのヘッドセットが見つかりました。
この商品を日本のアマゾンにないか調べたところまだ商品登録されていませんでした。

日本のアマゾンで有無をチェック UPCで出品商品の有無をチェック
(*セラーセントラルの商品登録画面でUPCコードを使って登録の有無を確認することもできます)

この商品はまだ登録されていませんでしたので(2015/9/12時点)、
発売前に新規商品登録して予約販売したり
発売直後に仕入れてテスト販売すると良いと思います。

また、人気順に並べるには先ほどのプルダウンリストにて
「New and Popular(*後にFeaturedに変更)」を選択してください。
人気のある順番にソートされて表示されます。

新発売順に並べるか人気順に並べるかのどちらかが良いという話ではなくて
両方やれば商品がより見つけやすくなりますので両方やってみてください。

 

2.アマゾンのレコメンド機能を参考にする

売れている商品の周辺には売れる可能性のある商品が眠っていることがあります。
アマゾンで売れている商品の周辺商品を是非リサーチしてみましょう。

まず日本のアマゾンで売れている商品をリサーチした後、
同じ商品のAmazon.comのページを表示します。
その商品ページを下にスクロールしていくと以下のような表示があります。

レコメンド商品
Frequently Bought Together:よく一緒に購入されている商品
Customers Who Bought This Item Also Bought:この商品を買った人はこんな商品も買っています

上記のような項目をチェックすることで
売れている商品の購入者が関心を持つ可能性が高い商品を把握することができます。
このようなクロスセル(合わせ買い)商品が日本のアマゾンに商品登録されているかチェックし、
登録されていない場合は商品登録してみましょう。

ただし気をつけて欲しいのは、Amazon.comでは売れているクロスセル商品でも日本で知名度のない
メーカー、ブランドの商品は売れないことが多々あるので、こちらもきちんとテスト販売して下さい。

 

3.アマゾンランキングを参考にする

アマゾンにはカテゴリごとにアマゾンランキングというものがあり、
これが高いほどよく売れている商品になります。

そのアマゾンランキングのカテゴリごとのランキングをまとめたものが
ベストセラーランキングになります。

Amazon Best Sellers
ベストセラーランキング
各カテゴリごとに上位100位までが表示されます。
上図左の各カテゴリからどんな商品が売れているかリサーチしてみてください。

 

また新商品をチェックするのに役立つのが次のランキングです。

Amazon Hot New Releases
ホットニューリリース
このランキングは日本のアマゾンの新着ランキングに値するもので
最近発売された、または発売予定の商品の上位100位になります。
Amazon Best Sellersのランキングよりもこちらのほうが
日本のアマゾンに未登録な商品が多いように思います。

是非こちらもチェックしてみてください。

あとは以下のタブにある次のランキングも同様にチェックしてみると面白いかもしれません。

各種ランキング
Amazon Movers & Shakers:人気度ランキング。過去24時間で最も売上が伸びた商品
Amazon Top Rated:トップレートランキング。カスタマーレビューの良い商品
Amazon Most Wished For:ほしい物ランキング。最も多くほしい物リストに追加された商品
Amazon Gift Ideas:人気ギフトランキング。ギフト設定を利用して最も注文されている商品


アメリカのアマゾンで人気があってよく売れているのに
日本のアマゾンではまだ登録されていない商品をいくつも新規商品登録したことがあるので
以上のようなランキングはなかなか使えるものだと思います。

ただし、日本での売れ筋をよく知っているとこれは行けそうだなという商品にすぐ気付きますが、
どういう商品が売れ筋か、売れるメーカー、ブランドか分かっていないと意外と使えないような気もします。
ですので、ランキングを見る前に日本の売れ筋を把握することが重要かと思います。

是非このリサーチ方法も試してみてください。

 

セラーリサーチ”だけ”から抜けだそう
今回はAmazon.comを使って日本のアマゾンにまだ登録されていない商品を探す方法を紹介しました。多くのAmazon輸入ビジネスの実践者がセラーリサーチだけやっていることが多く少し違ったリサーチをすることでどんどん新しい未登録商品を発見することができます。

セラーリサーチは確かに楽ですが、
その分みんなが同じことをするので相乗り出品でライバルが激増し価格相場の破壊が起こります。

出来るだけ周りと違うことをして、ライバルと戦わずに利益をあげることを目指しましょう。
そのほうが楽だしストレスが少ないと思います。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿はブロックされますのでご注意ください。(スパム対策)