海外商品のUPCまたはEANを調べる方法

投稿者: おると

前々回の記事においてAmazonで新規商品登録する際に
UPCまたはEANは入力しないよう書いたのですが、
今年6月に並行輸入品の商品登録方法が一部変更になったのでその点についてお伝えします。

3月下旬にアマゾンから出品者に対して案内のメールがあったので既にご存知かもしれません。
説明が遅くなってしまいすみません。

この変更で新規に海外商品を登録する際にUPCまたはEANが必要になりました。



3月下旬にアマゾンから出品者に対してメールで送られた並行輸入品の登録ルール、および出品方法の変更という案内は以下になります。

今後、並行輸入品の新規出品は、以下の出品方法へ移行となります。(移行期限は、2015年6月12日を予定しています)

並行輸入品の出品に関する詳細は、以下のヘルプページもあわせてご確認ください。
https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200936440

[変更点]
1.新規に追加された「販売形態(並行輸入品)」という項目に該当の値(JP Parallel Import)を指定し、商品自体のJAN/UPCコードを入力して出品します。
※商品自体にメーカーから製品コード付与がない場合は、引き続き許可申請が必要となります。
詳細:https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/help/200317520
2.上記の出品方法を行うと自動的にタイトルに[並行輸入品]と入るようになる為、タイトルへの並行輸入品の記載は不要となります。
3.JAN/UPCコード、および「販売形態(並行輸入品)」の値が一致する並行輸入品は、同じ商品ページに関連づくようになります。※出品者によって異なる内容(保証等)はコンディション説明に記載し、商品説明は商品に関する内容のみを入力するようにしてください。

既に登録されている並行輸入品は現段階で変更はありませんが、将来的に新しい登録方法へ移行する予定です。
なお、現段階でも、製品コードと「販売形態(並行輸入品)」項目を追加して更新することは可能となっています。
更新を行う場合は、以下の点にご注意ください。

・必須項目は全て入力してアップデートを行ってください。(PartialUpdateの場合、エラーになる可能性があります)
・JANコードがある場合は、必ずJANコードを入力してください。(ASINを指定した更新は行わないようにしてください)
※注意:現在フルフィルメント by Amazonで販売中の商品は、在庫がなくなってから更新してください。販売中に新しい並行輸入品の登録方法へ更新すると、出品情報の関連づけが新規に作成されてしまい販売できなくなる可能性がありますのでご注意ください。

 

商品登録に必要となるUPCまたはEANが何なのか分からないという方に説明しておくと

UPC:Universal Product Codeの略で12 桁の数字からなる商品コード。主に米国で使用されるコード
EAN:European Article Numberの略で12-13桁の数字からなる商品コード。主に米国外で使用されるコード
になります。

どちらもGTIN(商品情報を特定するため世界的に使用されている標準的な識別コード)の一種です。
UPCを基にEANが作られたので、EANはUPCの上位互換となっており、
JANコードはEANの一種となっているため、JANコードもUPCの上位互換となっています。

ですのでもし日本の商品を登録する場合はUPCまたはEANの入力項目は
UPCまたはEAN(JANコード)と解釈してJANコードを入力してください。

これまではセラーセントラルの商品登録においてUPCまたはEAN免除適用にチェックを入れ
タイトルに「並行輸入品」とつけて出品する方法だったのですが
変更によってUPCまたはEANの項目にコードを入力し、
かつ販売形態をJP Parallel Import(並行輸入品)と選択する必要があります。

upcまたはeanの入力画面
販売形態をJP Parallel Importにすることで商品名にわざわざ並行輸入品とつけなくても
商品登録完了時に自動的に並行輸入品と商品名につく点に注意して下さい。

 

で、ここからが本題なのですが、
アマゾンの商品登録時にUPCまたはEANを入力する必要があるのは分かったけど
じゃあどうやってそれらのコードを調べたらいいの?
という疑問が出てくると思います。今回はそれについてお伝えしようと思います。

 

▼UPCを調べる方法

1.プライスチェック US版で調べる

Amazon.comの商品のASINを使ってプライスチェックUS版で検索することで
UPCを調べることができます。

UPCをプライスチェックで調べる
検索結果では13桁のコードがJANコードとして表示されますが、
実際には”0″+UPC(12桁)になりますので
アマゾンへの商品登録時はUPC(12桁)を入力するよう気をつけて下さい。

 

2.Yoopsieで調べる

YoopsieというUPCを検索可能なサイトがあるのでそれを使って調べることもできます。

Yoopsie検索
アマゾンの国とカテゴリを指定して商品名で検索して下さい。

Yoopsie検索結果

3.upcitemdbで調べる

upcitemdbというデータベースサイトがあり、商品名で検索することができます。
upcitemdb
 

▼EANを調べる方法

1.BARCODE LOOKUPで調べる

BARCODE LOOKUPというサイトがあり商品名からEANを調べられることができます。
BARCODE LOOKUP
主にヨーロッパの商品に使えるサイトです。
UPCも検索できるのでUPC検索としても使うことができます。

2.EAN-Searchで調べる

このEAN-SearchというデータベースサイトでもEANを調べることができます。
EAN-Search
こちらも商品名を入力して検索してみて下さい。

 

上記は専用のWebサイトを使ってUPC、EANを調べる方法でしたが、
GoogleやYahooなどの検索サイトで「商品名 UPC」、「商品名 EAN」
などで検索し、調べることも可能です。

またWebサイトを使わずに調べる方法もあります。
どのサイトを見てもコードが分からなかったという場合に試してみてください。

商品についているコードを確認する
UPCまたはEANをバーコードで確認
この商品は洋画のブルーレイソフトなのですが
パッケージ裏側にバーコードが表示されており、
その下にコードが表示されています。
このようなコードがUPCまたはEANになります。

Amazon.comやebayにある商品とは違って
ブランドのネットショップでしか販売されていない商品などは
この方法でないとコードを確認できないことが多いかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

 


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿はブロックされますのでご注意ください。(スパム対策)